村上建築工房さんの完成見学会

ちばの木づかい協議会の工務店さんの様子や、木材に関連する事などを不定期に掲載しています。

村上建築工房2

前回はリフォーム案件を取り上げました南房総市内の協定工務店「村上建築工房」さんですが

今回はユニークな完成見学会に行ってきました。

施主さんは「アトリエさんかくと水」という工房を主宰されている方で、今回は合同作品展のような展示をされていました。

IMG_5274

ところどころに置かれた存在感のあるガラスの作品達、

そして、それらに呼応するかのようなユニークな建築物。

IMG_5281

確かな手仕事は健在です。

IMG_5267

IMG_5273

ガラス作家さんだけあり光の取り込み方にも遊びごころが満載。

IMG_5276

この洗面台の窓にはめ込まれた作品はプリズムガラスというもので室内にはいってくる光を

コントロールし、床に虹をつくるそうです。

IMG_5272

洗い出した石とガラス。

IMG_5277

屋根部のななめ張りも空間に溶け込んでいます。

この斜め張りは規格住宅「ちばの木の家」での標準施工でもあります。

IMG_5278

なかなか楽しい展示会でした。

こうなるともう建築物も立派な作品として紹介出来ます。

IMG_5283

アトリエさんかくと水のHPはコチラです。
アトリエさんかくと水

——————————————————————————————————————————————————————–

hyousi

(有)村上建築工房さんより完成見学会のお知らせがあり、見学に行ってきました。

古民家特有の土間の台所をリフォームしています。

IMG_5170

外壁は三角焼きという伝統的な方法で制作した焼杉板を使用しています。

表面を炭化させる事で、耐久性・対候性がより優れ大切な木材を長く使用出来るとの事。

IMG_5176

もともとある構造材の木の風合いを生かしながら空間にしっかりと取り入れ

古民家特有の欠点でもある外光も取り入れていて光の暖かさを肌で感じ取れます。

IMG_5175

床板は厚さ30ミリのスギ板を使用しています。足ざわりがよくて心なしか持続的な暖かさも感じました。

IMG_5177

キッチンのタイルには地元作家さん作のスペインタイルがちりばめられ

にぎやかな色合いを演出しています。

IMG_20180122_114852-750x1000

外壁の焼杉の制作や床板の塗装などはお施主さんによる施主施工。
自分の住む家の建築に関わる事はとても素敵なことだと思います。

構造材や家具など、古くなったものを大切に扱いながらその味わいを引き出していてとても穏やかな印象を受けました。
こういった印象を今後の「ちばの木の家」にいかして行こうと思います。

 

グッドリビングさん新築完成見学会

ちばの木づかい協議会の工務店さんの様子や、木材に関連する事などを不定期に掲載しています。

goodliving

千葉県野田市内にある協定工務店「グッドリビング」さんの新築完成見学会に行ってきました。

前回は建築途中にお邪魔して急ぎ足レポートをしましたが、今回は完成ということもありじっくりと見学しました。


まずは外観とエントランスから
IMG_5343 (2)すっきりと晴れた空の青い色がガルバリウムの壁に反射しています。新築ならではです。

IMG_5391

たたきは標準施工の砂利洗い出しです。日なたと日陰でずいぶん表情が変わります。

そして中に入ります。

IMG_5353

IMG_5349

IMG_5358

外観からは想像出来ないような室内空間。もちろん ちばの木を使用しています。

構造材や柱にはストックしていた燻煙乾燥材を使用しています。

燻煙乾燥とは、字の名の通りで煙で燻しながら乾燥させる工法で、日本古来の囲炉裏のある茅葺き屋根の民家からヒント得て作られた工法です。

煙の持つ効力は防虫効果のみならず木が持っている能力を最大限引き出します。木の香りや木の肌も魅力的。

IMG_5363

IMG_5378

珪藻土で作られた壁が映える真壁作り。木とのコントラストも美しいです。

IMG_5360

細部にまでこだわりを感じます。

森林組合の規格住宅「ちばの木の家」も標準は漆喰ですのでこのような感じの仕上りイメージかもしれません。

最後に

木の家の良さのひとつに経年で変化していく木の風合いがあります。

新築の頃と10年経った頃、また60年たった頃では随分と変化し味わい深くなります。

木が人に及ぼす効果なども最近は科学的に証明されてきています。

その記事は千葉県森林組合HP内の記事として書きましたので

よろしければご覧ください。

千葉県森林組合HP内senmori blog 「木について」

-------------------------------------------------------------

建築現場見学

千葉県野田市内にある協定工務店「グッドリビング」さんの建築現場にお伺いしました。

この物件は、昨年の11月に上棟を終え、お伺いした時は内装工事で左官屋さんが珪藻土を施していました。

IMG_5238

内装はすべて珪藻土の塗装です。珪藻土は厚みにもよりますが適度な湿度を保つ調湿効果があります。

床と天井はすべて無垢の木を使用。今はまだ想像できませんが、きっと素敵な家になる事でしょう。

とても楽しみです。

暖かな日差しに慣れ始める頃、このK邸の完成見学会が行われます。

見学会の詳細は「株式会社 グッドリビング」にてお願いします。

IMG_5247

「ちばの木と森と家を巡るバスツアー」を10月21日(土)に開催します。<参加無料>

10/19情報 雨天予報が出ていますが、予定通り行います。(森の部は若干変更の可能性があります。)

「ちばの木と森と家を巡るバスツアー」を10月21日(土)に開催します。<参加無料>

千葉県の森林には、住宅の柱などに適した杉やヒノキが多く植わっています。「ちばの木の家」プロジェクトでは、千葉の気候・風土を知るこの樹木を活用した住宅を普及し健全で豊かな森づくりに貢献するため、森林の周期である「植える」→「育てる」→「使う」→「植える」に合わせた、永く暮らせる家をプロデュースしています。

このバスツアーでは、実際に木の伐採をご体験いただき、また、丸太から建築材になるまでの工程やモデル住宅などの見学会も開催いたします。

ちばの木と森と家を巡るバスツアー

img-news_20170201_01img-news_20170911_01

img-news_20170201_02

ちばの木の家 モニター説明会を開催しました。

ちばの木の家 モニター説明会を開催しました

2016年4月17日(日)、千葉県森林会館にて「ちばの木の家」モニター説明会を開催いたしました。

当日は「ちばの木の家」の施工を担当する各工務店の紹介の後、企画プロデュースの千葉県森林組合から「ちばの木づかい協議会」発足の経緯や協議会での取組みについて、設計を担当したアトリエハルより「ちばの木の家」と今回のモニタープランについてご説明させていただきました。
ご参加のモニター応募者の方々は、模型や木材サンプルを実際に手に取りながら熱心に耳を傾けられ、また、プランや設備等についての具体的なご質問もあり、その真剣さがうかがえました。

今後は、モニター応募者の方々の建築予定地をご確認・審査の上、設計契約、モニター契約・工事請負契約へと進めさせていただきます。

img-news_160417

ちばの木の家 モニターを募集【限定5邸】※募集は終了しました

ちばの木の家 モニター募集[先着順・限定5棟] 終了しました

「ちばの木の家」を建てていただくモニター様を募集いたします。
モニター様には、ちばの木の構造材を無償でご提供させていただきます。

〈お申込み条件〉

  1. 千葉県内に、下記モニター住宅が建設可能な宅地をお持ちの方。
    借地や、着工期限までに土地を準備されるご予定の方もお申込みいただけます。
  2. 平成28年9月までに建築工事にご着工いただける方。
  3. 竣工までの間に構造見学会に、また竣工後に完成邸見学会などにご協力いただける方。

 

〈モニター住宅〉newモニター住宅

※掲載の間取り図、完成予想図は、設計図書を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なる場合があります。また、家具、調度品等は販売価格には含まれておりません。
※モニター住宅のプランは限定です。上記モニター住宅が法的に建築できる敷地であることが条件となります。ご不明の場合はお問い合わせください。
※ロフト(6.62㎡)はオプションとなります。詳しくはお問い合わせください。
※設備・仕上げの詳細についてはお問い合わせください。
※構造用柱材分の金額を本体価格より値引きいたします。だだし、上限を100万円未満とさせていただきます。
※本体価格には、電気・給排水・ガス等の引込み工事、外構・植栽工事、建築確認費用は含まれません。また、地盤により別途特殊基礎工事が必要になる場合があります。

〈お申込みから着工までの流れ〉

モニター説明会会場