50年後の世代のために

千葉県の森林は、森林を愛する人たちの手によって、無駄な伐採を行わず、森林と共存しながら計画的に一本一本を大切に育て守られてきました。その森がいま成熟期を迎え、計画的間伐と植林・育林の適齢期に差し掛かっています。森を守り、森との共存を未来へ続けるために、私たちの50年後の世代のために。ちばの木づかい協議会では森林の循環利用に取り組んでいます。

 

〈森林の再生(循環利用)〉

日本の人工林は、高齢級の森林が増えており、その資源を循環利用することが重要になっています。環境破壊を食い止め、将来にわたり森林資源を利用するためには、「植える」「育てる」「収穫する」「使う」の4つのバランスを保つ、計画的な植林、伐採が欠かせません。

 

森林の再生_160407